社長の時間の使い方

こんばんは、齊藤久野です。

ゼロから数百億円規模の会社を作る社長も、
毎年毎年、全く進歩のない社長も
与えられた時間は同じで、1日24時間です。

しかし、大成功して億万長者の社長は、
上手く行かない社長よりも100倍の時間、
働いているわけではありません。

それは、物理的に不可能です。

何がこの二人の差を生み出すのでしょうか?

それは時間の使い方です。

では時間管理専用の手帳やToDoリスト
スマホの時間管理アプリなどで
やるべき事を管理すればいいのでしょうか?

確かにこういったツールを駆使すれば
時間を効率良く使うことはできます。

重要なタスクを忘れることもないし
仕事を整理するのに効果的だからです。

しかし、世界一の億万長者メーカー
ダン・ケネディによると

こと社長になると
こういった方法では効果的に
時間を管理できないんだそうです。

なぜなら社長の仕事とは
作業を管理して効率化を図ること
ではないからです。

そして、これこそが
上手くいく社長といかない社長の
根本的な違いでもあります。

実際、時間管理のツールを使っても
社長の仕事は増える一方で
仕事は全く減りません。

社長が普通の人と同じような
時間管理をしていると根本的に
会社として伸びないのです。

では一体、本当の社長の時間管理とは
何でしょうか?

それは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1309575/lqPOa9U0/

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ