ネット副業のメソッド「アフィリエイトは仕組み作りが9割」

こんばんは、齊藤久野です。

こんな面白い記事を見つけましたので
皆さんと共有したいと思います。

副業といえば、誰もが真っ先に思いつく仕事がいくつかある。ド定番ゆえに、かえってあまり儲からなさそうなイメージすらあるが、何事もやりよう次第。きっちり儲けている人の「目のつけどころ」を盗むべし!

◆アフィリエイトは仕組み作りが9割!!

 ラクして儲かる副業の筆頭として人気を集めたアフィリエイトだが、その実態はお寒い。日本アフィリエイト協議会による昨年の調査では、アフィリエイターの実に8割が「月収1000円未満」(泣)。無論、月にウン十万円稼ぐ人気ブロガーもいるが、気の利いたブログが書けるくらいなら最初から物書きになってるよ!という話だ。

 ところが、実際にブログアフィリエイトの収入がしばしば月10万円に達するという今北洋さん(仮名)いわく「仕組みさえ作り上げてしまえば、誰でもアフィリエイトで稼ぐことは可能ですよ」。How!?

アフィリエイト
今北さんが運営する、野球ニュースのまとめサイト。見栄えのいいフォーマットや「うっかり押してしまう」広告の位置にも配慮
 今北さんのメソッドは「まとめサイト」を複数運営するというもの。確かに、まとめサイトなら一からコンテンツを作り上げる必要はない。今北さんの場合、趣味の「野球」、本業である「経済」などの得意カテゴリーでまとめサイトを運営。テーマがハッキリしているほど、固定客もつきやすい。

 とはいえ、ネットにはまとめサイトが氾濫している。その中できっちりアクセスを稼ぐために、今北さんが活用するのがツイッター。

「ツイッターのアカウントは15個ほど所持。ブログのテーマにリンクしたキーワード(野球なら〈阪神〉など)で検索をかけ、ヒットしたアカウントを片っ端からフォロー。フォロー返しでフォロワーを増やしていったところ、今ではアカウントごとに2000~3000人、合計数万人のフォロワーがいます。この人たちに自動つぶやき機能でサイトの更新を知らせると、一定数はアクセスしてくれるんです」

 これだけでもかなりのアクセスが見込めるが、月10万円を目指すなら、もうひと工夫必要。

「固定客をキープするために、毎日、同じような時間帯に更新するのは基本中の基本。僕の場合は、移動中にネタを拾いながら、帰宅後に一気に記事をアップしますね。また、検索で来る人を少しでも増やすために、記事のタイトルにもこだわります。意識しているのは人物名の入れ方。引用元のスレタイでは【巨人・阿部】と名字しか入っていなくても、【阿部慎之助】とフルネームで入れることで、俄然ヒット率が高まるんです」

 そして、稼ぎの要が「グーグルアドセンス」。1クリックあたりの報酬が20~30円と高いのがポイントだ。エロサイトでは使えないのが残念だが、アフィリエイトで稼ぐなら、何はさておき登録を。

 ラクに儲かるというアフィリエイトのイメージからすると、いささかストイックなメソッドではあるが、以上を踏襲すれば、月10万円も決して夢物語ではない!

【月10万円のモデルプラン】
グーグルアドセンスによる収入は、1000PVにつき200円が目安とか。すなわち、月50万PVで10万円。今北さんのように合計3つのサイトを運営していれば、1サイトあたり月15万PV超えが目標値だ。これならなんとか射程圏内?(日刊サイゾー)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ