なぜ今、永続権利収入アフィリエイトなのか?

こんばんは、齊藤久野です。

タイトルにもさせていただきましたが

「なぜ今、永続権利収入アフィリエイトなのか?」
ですが、以下の様な理由からです。

2015年の法改正によるネットワークビジネスの規制緩和を裏付ける、非常に重要な時代の流れが起こっています。

実は政治的側面からネットワークビジネス業界をバックアップしようという動き
が出はじめているのです。

何故ならネットワークビジネスこそが
日本経済を救うと政治家も踏んでいるからです。

今、日本経済は多くの難関に差し掛かっており、
先行不透明な状況が続いています。

そんな中、世界的にもそして当の日本政府も
ネットワークビジネスに注目しはじめています。

国会関係者が購読している
マンスリーマガジン誌でもある月刊国会ニュース11月号(発行:株式会社国会ニュース社)の表紙には
「ネットワークビジネスが日本を救う」
と大きく印刷されており、

本誌内では、経済評論家(経済学博士)の森下亮氏によるネットワークビジネスに
対する記事がかかれています。

タイトル「日本経済はミステリーゾーンに突入、ネットワークビジネスが日本を救う」

その中の本文にこう書かれています。

ねずみ講やマルチまがい商法への類似から一般に誤解があるにしても、これだけ大きなビジネスがまともに研究せいされていないことは私としては怠慢であったと反省している。
21世紀型在宅勤務(副業ビジネス)ビジネスの一大潮流は消費者の参加と参画ではなかろうか。
消費者が自らの「知」をもって自発的に参加したくなるような共感のもてる企業理念を提示し、その理念の現実に向けて共に行動する「場」を創る過程で「財」をつくり福を呼ぶことだ。
(国会ニュース より)

また、先ほども言った通り、政治的に業界を盛り上げる動きも出てきています。

政治的側面から業界をバックアップする

「 流通ビジネス推進政治連盟 」が誕生!

「21世紀の流通産業」であるネットワークビジネスの法的整備と社会的認知の為に発足。
新しい流通システムとして世界的に注目され認知されつつある
「ネットワークマーケティング」を偏見なく真摯に研究し、育成することが、いま日本経済が世界に立ち遅れないための緊急の課題です。(設立趣意書 より)

つまり、嫌なイメージがあろうがなかろうが、政治的にもネットワークビジネスを一般化しようという動きがでているわけだから、
遅かれ早かれ多くの人がやり始めるのは間違いないのです。

その推進の一つとして、今回の法律の改正で規制を緩和したのですから。。

ですからあなたも富豪になりたいのでしたら、
そのちょっとした時流の変化に誰よりもいち早く気づかなければなりません。

いいですか?

断言しますが、間違いなく今後ネットワークビジネスが日本で更に一般化していきます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ